2016年01月11日

Pebble Time用日本語言語パック

twitterのリプライに表示不可文字が目立ったので、

Pebble language pack - 日本語言語パックさんにて、寄付をしていたのもあり、
Pebble Laboratory: 言語パック製作所を使ってみました。


設定は以下のとおり。


 で、これでも常用漢字の一部が抜けていたので、常用漢字とキャピキャピ系顔文字、2ch系顔文字、数学記号、罫線、事務系機種依存文字、ギリシャ記号を追加。


データサイズは1226KB。(Pebble Timeの推奨上限は1400KB)
すべてが適用できているわけではないようだが、概ね入ったようだ。
もしかすると、生成元のフォントにない文字が多いのかもしれない。


公開してもよいのかわからないが、上げておく。
サイズが大きいため、Pebble Timeが不安定になる可能性がある。よって利用を推奨はしない。



使用後、まだ不足している文字があることに気付いたので、
いっその事と思い、ShiftJISに含まれるほぼすべての文字を含めた言語パックも作成した。
1388KBと、かなりギリギリのサイズなので注意。

PebbleTimeJapanesShiftJISv2(Seg_faul).pbl

(ところで、これにtwitter頻出5000字を加えると100KBほど増えるのだが、一体どんな漢字が使われているのか...)


これを利用される方は、ぜひPebble language pack - 日本語言語パックさんにて、
寄付をして欲しい。

Ω・響・ω・aなどが表示できていることがわかる。

posted by gpsnmeajp at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181155318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック