2017年12月04日

Intel rapid storage technologyを削除したらHDDの平均応答時間が早くなった?

最近PCがやたら重い。

HDDの平均応答時間が500msとかおかしな値になっていたので、
ぐぐってみると、Intel rapid storage technologyが導入されていないと起きるとのこと。
しかし、導入されている。謎である。

試しにIntel rapid storage technology削除してみたが、変化が起きない。
そこでさらに、SATAコントローラのドライバを削除してみた。

見事にWindowsが起動しなくなったが、セーフモードで起動後、再起動すると問題なく起動した。
ドライバがかなり古いものにフォールバックしたが、その結果、平均応答時間が3〜50ms程度と大きく改善した。
何だったのだろう。
posted by gpsnmeajp at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル解決
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181749160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック