2018年02月07日

Hacknetの全画面表示でFPSがおかしくなるときの解消方法

Hacknetという、とても面白いゲームがある。
1000円程度と安いが、とても本格的で面白い。音楽も良いゲームだ。
http://store.steampowered.com/app/365450/Hacknet/?l=japanese

ハッキングシミュレータであり、キーボード叩きゲーである。
UNIX風のコマンドを叩き、映画のホワイトハッカーにでもなったかのような楽しい体験ができる作品だ。
一見おかしな設定も、ゲーム内のテキストファイルをあさってゆくと色々と説明が出てくる。
PCに詳しい人はなりきり体験とあるあるネタとして、
PCに詳しくない人は、PCに興味を持つきっかけや、コマンド操作のチュートリアルとして
どちらもおすすめである。

ところでこのゲーム、なぜか全画面表示でやるとFPSがおかしくなる。
普通はならないらしいが、自分のPCでは10〜999FPSを超絶行き来しており、
その上実際は10FPSくらいが不安定に出る感じで、うまく動かない。

ウィンドウモードでは60FPSで動くのだが、全画面にするととたんにダメになる。
ウィンドウモードでプレイしたが、没入感に欠ける。

で、この度PCをSSDにしたついでに解決策を探してみた。
結果、ビデオカードの「垂直同期」を「アプリケーション依存」から「強制オン」に切り替えたところ、
60FPSで安定して動くようになった。FPS自動調節機能でも誤動作していたのだろうか?

ともかく、これで没入感たっぷりで遊べるようになった。
posted by gpsnmeajp at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル解決
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182347630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック