2018年06月03日

VRChatが重い場合の対処法(画質を下げる)

VRChatが重くて仕方ない場合の対処法について

VRChatは重くなると、画面がガクガクしてくる以上に、会話がままならなくなることがあります。
(特にVRにおいては、SteamVRのローディング画面が頻繁に現れ始める)

・VRChat内での対処
1. 軽いワールドに行く
2. 他の人に軽いアバターにしてもらう
3. 一定人数以上の場所に行くのを諦める

・デスクトップの場合
1. 画面を小さくして、解像度を下げる
2. Shiftキーを押しながら起動して、解像度を下げつつフルスクリーンにする
3. ビデオカードのドライバ設定から、軽い設定を強制するようにしてみる

・VRの場合
1. Shiftキーを押しながら起動して、VR Lowを選択してみる
2. HTC Viveの設定から「Application Resolution Adjustment」を下げてみる。
 (HMDに映る映像の解像度が非常に下がります)
B1.png

これでだめなとき、不満なときはPCを買い替えましょう。

VRChatは、
・ユーザーの作った最適化されていないアバター
・ユーザーの作った最適化されていないワールド
・開発途中のソフトウェア
のくみあわせのため、通常のVRゲーム等に比べてかなり重い作品です。
人数とアバター、ワールドの組み合わせによって快適不快が全く変わります。

人数の少ないワールドならGTX970Mでも快適に動きますし、
人数の多いワールドならGTX1070Tiでも重さを感じます。(1070Tiでは会話不能になったことはありません)
posted by gpsnmeajp at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183416434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック